水虫は薬で駆逐できます|迅速な治療で感染を防ぐ

病院

男女ともに多いお尻の悩み

カウンセリング

痔は、男女に関係なく発症しやすい傾向にあります。痔について知っておくとよい情報は、便通の改善が重要である点です。硬い便や水様の便を排出する際には、肛門周辺の皮膚や血管に圧力がかかります。その状態が頻繁に続くと、肛門周辺の皮膚や血管が切れて痔を引き起こします。よって、治療にあたっては、正常な便通に整える必要があります。また、痔は症状によって3つに分類されます。まず、裂肛は、肛門の近くの皮膚が避けている状態です。これは、便秘をしがちな人に発症しやすいケースです。次に、痔核です。これは、直腸や肛門付近にできます。痔核は、座り仕事に携わる人や妊婦に多い症状です。そして、あな痔は肛門の周りに大腸菌が繁殖することで発症します。免疫力が低下しているときや、下痢をしがちな人が陥りやすい傾向にあります。

痔を放っておくと、排便時のみならず、歩行や座位でも痛みを感じるようになります。また、下着や服が血で汚れてしまう問題点もあります。しかし、お尻の悩みは恥ずかしさも手伝って、医療機関に相談しにくい傾向にあります。よって、症状が悪化してから病院で治療を開始するケースがほとんどです。そこで、市販薬による自己治療が人気です。その理由は、医療機関を受診しなくても症状の緩和や治癒を期待できるゆえです。市販薬には、症状に合わせて3つのタイプがあります。塗り薬は、肛門付近の痔に使用します。そして、注入薬と座薬は直腸付近や肛門内部の痔に効果を発揮します。中には、便通を改善する作用がある薬も販売されています。これらは、ドラッグストアなどで購入できます。